ドリエルの副作用

ドリエルの副作用って気になりますよね。ドリエルはあくまでも一時的な不眠症状に効果を発揮。厳密に分類すると睡眠改善薬であって睡眠薬ではなかったのです。

ドリエルを服用していくと、ちょっとめまいがしたり、翌朝体がだるくなるといった副作用があるんです。

これは市販の改善薬としては、私には非常に重要な問題をもたらすものでした。

一日や二日なら問題ないのですが、一時的な不眠症状を治すものだから、薬の効き目が切れるとまたドリエルを欲してしまう。

これっていわゆる依存性に近い状態ですかね??そのため、ドリエルを常用すると、調子がおかしくなり仕事にも影響を与えて始めました。

これが継続することで、悪循環が続くといった状態になり、私の体も限界に近づいてきました。なんとか十分な睡眠方法がないものかと悩み続けました。

ドリエルは「ジフェンヒドラミン塩酸塩」という成分を含んでいます。これによって現れる眠気を利用しているんですね。

よく風邪薬や鼻炎薬などを飲むと眠くなる作用とおなじです。

そして、ドリエルは睡眠改善のために常用するのはあまり体にとって良くないことだという結論に達しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です