ハルシオンの副作用

ハルシオンは睡眠薬として用いられることのあるクスリで、睡眠薬の中でも一番の知名度と人気があります

ハルシオンと聞くと悪いイメージがあるかもしれません。なぜなら、その即効性ゆえに、犯罪などの悪用されたことがあるからです。その威力は強力のため、その事件が世界中に拡散してしまいました。これを受けて、イギリスではハルシオンの発売は禁止されてしまっているくらいなんです。

他にもアスコマーチ,カムリトン,トリアラム,ネスゲン,ハルラック,パルレオン,フロサイン,ミンサイン,ライトコールなど、ジェネリック品として大量に発売されていますが、その中でも知名度の高いのはハルシオンでしょう。

実際のところは、ハルシオンは寝付きを良くするというタイプの睡眠薬。ハルシオンは用時間が短く、翌朝にクスリが残って不快感を感じることが少ないんです。

つまり、キレのよいおクスリといえるでしょう。寝付きの悪いときに最適な、とてもクオリティーの高いおクスリです。ハルシオンは超短時間型、すなわち血中濃度が高いのが1時間くらいまでの「睡眠導入剤」といえます。

副作用として、依存性があります。短時間で効いてくるクスリは、服用者がその実感を味わうことが容易。これによって依存などにつながり易いんです。これがハルシオンの大きな問題点です。

依存性が他の睡眠剤よりも高い傾向にある。

これは見逃せない副作用と言わざるを得ません。

私も依存性で悩んでいた一人です。そのために薬に頼らず安全に安心して眠れるように快眠グッズやアロマなどいろいろ試しました。しかし、改善する兆候も全くなく途方にくれて悩んでいました。

これを知っても、まだハルシオンの副作用に怯えながら服用し続けるつもりですか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です