マイスリーの副作用

不眠症対策には、できれば 薬を飲まずに不眠症を治したいですよね。
不眠症によく用いられる睡眠薬、マイスリーは睡眠薬の一種です。
睡眠薬ということで、気になるのはふらつきや昼間の眠気、頭痛、倦怠感などの副作用ですよね。マイスリーの副作用に関しては同類の睡眠薬たちと比べると弱いということもいわれていますが、実際のところ注意は必要です。

医師の管理下で決められた用法・用量を守って服用はもちろんですが、実際のところどのような副作用があるのでしょうか?
そもそも、マイスリーという名前は実は日本での商品名なんです。アメリカや他の国では異なる商品名で販売されているので覚えておいてくださいね。
マイスリーの誕生は1992年。日本では2000年よりアステラス製薬によって販売。
薬ですから、医師の処方が必要な睡眠薬です。
マイスリーの効果と副作用マイスリーの主な効果としては、入眠困難や熟睡障害の解消があるといえるでしょう。

ただし症状によっては効果の薄い場合がありますので、適応する症状をよく確認すると良いでしょう。

マイスリーの副作用として、ふらつきや昼間の眠気、頭痛、倦怠感、吐き気、嘔吐、めまい、不安感の増大、悪夢を見る、気分の高揚等の症状が出る場合があります。
特に依存性は怖いですよ。長期間多量に服用した場合、体が薬に慣れ、薬をやめにくくなります。

かといって急に中止すると、いらいら、  強い不安感、不眠、ふるえ、けいれん、混乱、幻覚症状等があらわれる場合があるそうです。
しかも精神症状に異状をきたすことがあるというから驚きです。朦朧状態、異常行動、夢遊症状、興奮、  取り乱す、幻覚。。非常に怖いと思います。

その他にもマイスリーの副作用が強く出た場合は、黄疸、肝機能障害、興奮、呼吸が弱くなる、錯乱しやすくなるなどがあるんです。

これって怖いと思いませんか?寝るためにこんなリスクを冒すのも考え物です。もちろん医師によく相談した上で使用すべきですが、できれば薬に頼りたくないのが本音ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です