不眠と鬱

不眠症対策は、不眠恐怖の悪循環を断つのも大事です。前の晩に眠れなくて仕事に集中できない、眠くてしようがないという場合って気になりますよね。ではどうすれば良いのでしょうか?これに対し手昼休みを利用して昼寝をするといった対策が考えられます。

10-15分の短時間でも実際のところ脳の疲労をとるのに効果があっておすすめです。

 眠れない日が続くと不安になり、早く眠らなければと焦れば焦るほど目が冴えてしまうことってありませんか?これがいわゆる不眠恐怖の悪循環。不眠症の方が共通して経験する不安といえるでしょう。すぐ終わるはずだった不眠が、残念ながら慢性化して不眠症になる背景にはこのような不眠に対する恐怖が誰しも抱いてしまうという実情があることに留意しましょう。

これって確かに恐怖ですよね。不眠が続くうちに寝床に向かうだけで緊張してしまい、夜になるのが憂鬱になる。

そんな悪循環は速く断ち切りたいもの。

そのようなときは割り切ったほうが好結果をもたらすものです。眠れないのに我慢して無理に寝床にいる。この我慢が悪いという統計もあります。ベッドで休む時間を決めておき、眠れなければベッドから出る、くらいの前向きさで過ごすことが大事といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です