不眠症とうつ病

簡単な場合の不眠症の原因と治療、対策を挙げて見ましょう。

うつ病など病気から来る不眠症の場合は、今夜もまた眠れなかったらどうしようといった予期不安やストレスを感じることは少なくといえるでしょう。

また、布団に入っても、なかなか寝付けないんです。そして、この場合は、睡眠薬などの薬を飲むことで治療や対策をしていった方が良いと言えます。

一方で、薬の副作用から来る不眠症というのもありあす。

これは血圧の薬や抗うつ剤など、薬の副作用から来る不眠症に該当するんです。この場合も、予期不安やストレスを感じることは少ないといえるでしょう。

ですから、抗うつ剤などの薬を飲んでいる場合に多く見られる種類の不眠症といえるでしょう。

また、この場合は、実際のところはっきり言って症状としては早朝覚醒だけではないんです。

抗うつ剤などが入眠困難であるからゆえにあらわれる副作用、このような形で現れる事も多いと思います。

いずれにせよ、ある程度限界があるとはいえ、適切な処置が必要です。

たとえば、副作用はあるものの、睡眠薬などの薬を飲むことで実際のところ治療や対策をしていくことが大切になるといえるでしょう。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です