不眠症とは?

不眠症ってよく言いますが、実際のところどのような症状なのでしょうか、気になりますよね。不眠かな??とおもったら、まず実際に自分がどのような症状なのか自己診断してみてください。

具体的には入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害などの睡眠問題が1ヶ月以上続き、日中に倦怠感、意欲低下、集中力低下、食欲低下などの不調があること。

これらが出現したら不眠症といえるでしょう。

不眠が続くと眠いないことへの不眠恐怖が生じてしまいます。これによって引き起こされる緊張や睡眠状態へのこだわりによって悪化するという悪循環があると言わざるを得ません。。

不眠の原因はいろいろありますが一般的にはストレス、こころやからだの病気、クスリの副作用などさまざまです。では治療するにはどうすれば良いのでしょうか?

実際のところこれらの原因に応じた対処が必要といえるでしょう。

家庭での不眠対処で効果が出ないときは専門医に相談せざるを得ませんし、睡眠薬に対しては飲みすぎによる副作用の懸念があります。

睡眠サプリなどによる適切で自然な対処がオススメといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です