不眠症の3つのパターン

不眠症の3つのパターンを覚えておいてください。布団に入っても、なかなか眠れない入眠困難タイプ。寝付きは良いが、寝ている途中で、トイレなどで目が覚めてしまう途中覚醒タイプ、すぐに眠れるが、朝早く目が覚めてしまう早朝覚醒タイプ。に分類できるといえるでしょう。不眠症克服の一口ヒントとしては、神経症から来る不眠症の場合は、眠れない時に不安と考えてしまうものなのです。

でも過剰に敏感にならないでください。が、こう考えてしまうと、ますます、目が冴えてしまうものなのです。このように、眠れない時の、受け止め方がポイントといえるでしょう。

ぶっちゃけはっきり言って、夜眠れなくても、一晩くらい眠れなくても大丈夫だと言えるくらいの強気がほしいものです。これによって無理に眠ろうとしないようになります。そのようなことできるわけがない、と思うかもしれませんが、これくらいのほうがかえって自然な眠りに入れるものなのです。

この上で目的本位や「あるがまま」を受け入れる精神に従って行動するようにしていくと、不眠症に対する不安を必要以上に大きくしなくて済むからいおすすめです。そうすることによって不眠症の症状が和らぎ、実際のところはっきり言って自然に眠れるようになってくるといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です