睡眠スケジュール法

不眠症対策に睡眠スケジュール法も有効ですよ。

まずは睡眠日誌をつけて、プランを作り、毎日、ほぼ一定の「起床時刻」を決めます。

起床時刻から目標睡眠時間を引いて就寝時刻を決め、決めた就寝時刻の前でも、眠たくなったら布団に入って目をつぶるんです。

そして、布団で15分たっても寝つけない場合は、寝床を出てリラックスし、再び眠たくなったら布団に入ちゃってください。

朝は決めた起床時刻に必ず起きて寝床を出るようにし、睡眠と性生活以外に寝床を使わないことです。眠くても日中や夕方の昼寝・居眠りはしない。これを続けます。睡眠効率があがったら、目標睡眠時間を15分増やしてください。

睡眠効率があがらない場合は、目標睡眠時間を変えないでくださいね。

これが大まかにそれでは睡眠スケジュールの方法です。

以上の手順に従って、さっそく試してみてください。
それでも眠れないときもあるかもしれません。それでも焦らずに。

また布団から出てリラックスできることや自分の好きなことをして、眠気の訪れを待つことを覚えておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です