レンドルミンの副作用

レンドルミンは睡眠障害などに用いられる、不眠症・麻酔前投薬。

うつ系のお薬としてよく使用されています。

不眠には環境、体調など様々な原因がありますが、明確な原因がないのに睡眠障害を訴える神経症性のものもあります。
これに対し、レンドルミンは不眠症やうつ病に対して効果があり、睡眠薬として用いられています。

レンドルミン服用の際は副作用に気をつけるため、用法を守って服用する必要がありますが、具体的には実際のところレンドルミンの処方量は、 不眠症の場合は、0.25mgを1回就寝前に服用することになるといえるでしょう

レンドルミンは最高血中濃度時間が短いという特徴があります。

どういうことかというと、夜服用して、朝起きたとしましょう。

この場合、倦怠感や気だるさが残るということが少ないという特徴を持っているんです。

言うならばどちらかというと短時間型のお薬といえるでしょう。

レンドルミンは睡眠・鎮静作用や抗不安作用を示します。これによって不眠症に効果があります。

麻酔の前の処置にも用いられるというから、同様の効果を期待できるものとして納得ですね。

レンドルミンは、短期型のお薬で効果も弱めということがいえますが、残念ながら副作用もないわけではありません。

睡眠薬の中では安全性の高いお薬てはいえ、もちろん副作用があります。使用後のふらつきなどといった副作用。

これは見逃せません。この理由により、私はレンドルミンは決して使わないようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です